パワーストーンの選び方 > 指輪として身に着ける

指輪として身に着ける

指輪として肌に身につける場合、どの指にはめていますか?

実はどの指にはめるかによってエネルギーや効能が変わってくるのです。

10本の指にはそれぞれ違ったパワーがあるので、是非参考にしてみてください。

<親指>
○右手:リーダーシップをとりたいときにおススメします。

仕事で部下を持つ方や、部下の扱いに困っている方に指導者としてパワーを与えてくれ手助けしてくれるはずです。

○左手:夢や目標を達成したいときにおススメします。

自分の信念を貫き、実現するためのパワーを貸してくれるでしょう。

<人差し指>
○右手:集中力を高めたいとき、冷静な判断をしたいときにおススメします。

正しい道へと進む手助けをしてくれるでしょう。

○左手:直観力を高めたいときにおススメします。

仕事で指導する立場にいる人にもおススメです。

<中指>
○右手:気持ちを落ち着かせたい時におススメです。

自分自身を見つめなおす手助けをしてくれるでしょう。

○左手:邪念から守って欲しいときにおススメです。

ネガティブな思考を払い意思を強くもつ手助けをしてくれるでしょう。

<薬指>
○右手:穏やかな気持ちになりたいときにおススメです。

穏やかな気持ちになることで人間関係を良好にする手助けをしてくれるでしょう。

○左手:夫婦の愛を深めたいときにおススメです。

結婚指輪や恋人からのプレゼントを左手の薬指にはめるように、この指は愛の象徴です。

<小指>
○右手:社交的になりたいときにおススメです。

交流が苦手なかたは明るく活発的になれる手助けをしてくれるでしょう。

○左手:自分本来の魅力を引き出したいときにおススメです。

出会いを求める人や今よりさらに魅力的になりたいと言う人の手助けをしてくれるでしょう。